「ほっ」と。キャンペーン
Top

KAZZのオフィシャルブログです。
by kazz_official
カテゴリ
全体
Live
ひとりごと
アフリカ
リトルクリーチャー
回想記
新年のご挨拶
ゆうちゅうぶ
お知らせ
ツアー
波乗り
PLAY FOR JAPAN
未分類
以前の記事
2012年 02月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
お気に入りブログ
KAZZ | Official Web Site
オフィシャルサイトはこちらです。
http://www.kazz.vg
最新のトラックバック
こどものまつり 
from Rootstock Blog
Aloha!佐藤傳次郎&..
from くろの旅
KAZZ!!
from くろの旅
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:回想記( 9 )
悪夢
海の家でライブのセッティングを終え

ちょっと用を足しにトイレへ

突然高波がトイレの中まで入ってきた

うわっ!やばいっ!オレの楽器たちはっ?

ステージもなくなっている

バラバラになったギターやアンプなどが散乱している

太鼓は見つからない

オレは呆然とその場に立ち尽くし

これからのツアーをどうすればいいか

楽器を買い揃えるのに借金しなきゃ

長年付き合ったギターの無残な姿をみて涙が出てきた

オレはこれからど~すればいいんだ?


ハッと目が覚めた

夢だった

夢でよかったぁ~

おねしょもしてなかったし・・・
[PR]
by kazz_official | 2009-06-12 08:06 | 回想記
ランディ・ローズ
キミはランディ・ローズを知っているかい?

80年代はじめに飛行機事故で死んじゃったロックギタリスト。
オジーオズボーン(知ってるかな?)のギタリストでかっこいいんだよ!
オレがギターを始めた年に死んじゃったんだよなぁ・・・

二十歳からまるまる5年間、オレはL.A(ロスアンゼルス)に住んでいた。
ランディ・ローズの実家は、L.Aで音楽学校をやっている。

ある日、ふと「ランディ・ローズの実家の音楽学校はどこにあるんだろう?」
と思い調べてみたら・・・!近所じゃん!!
これは訪ねていくしかないと思って行ってみた。

バイクで5~6分走ったところにその学校はあった。
こじんまりしたいい感じの音楽学校だった。
学校に入るとニコニコしたおばちゃんがいて、「こんにちは、何かご用ですか?」

「あの~ランディ・ローズの実家の学校ってここですか?」

「そのとおりですよ」

「僕は日本人でランディ・ローズの大ファンなんです!」

「ランディは私の息子なんですよ」

「ええ~!!!おかあさん?!ですかっ!?」

「はい、いまでもこうしていろんな人が訪ねてくるわ、遠い所からありがとう」

いきなりランディ・ローズのお母さんが出てきてホントびっくりしたなぁ・・・

その学校の一室はランディ・ローズミュージアムみたいになっていて
当時彼が使っていたギターやアンプなんかがあった。

「来週ランディの誕生会を彼のお墓でやるからあんたも来なさい」

「え~っ!ぼくなんか行っていいんですか!?」

「私がいいって言うんだからいいわよ」

「是非行かせていただきます!」

なんと!ランディ・ローズの誕生会に招待されてしまった!



彼のお墓はL.A郊外の広い墓地にあった。
はじめてアメリカの墓地に入った。
広くてなかなか見つからない。
建物の中に彼のお墓はあった。

そこにはすでに数人いてお母さんもいた。
ランディ・ローズそっくりの女の人がいる
オジーはいなかった・・・

お母さんに挨拶すると 「まあ、来てくれたのね、ありがとう。皆に紹介するわ」
そこにはランディ・ローズのお姉さん、お兄さん、親戚がそろっていた。

「ケーキが来たわ」

なんとランディV(彼のトレードマークのギター)のチョコレートケーキだ!

なんでここにオレがいるんだ?
と思いながら皆と一緒にケーキをいただいた。
味はぜんぜん覚えていない・・・
[PR]
by kazz_official | 2009-02-20 10:54 | 回想記
雪山セッション
新年初ライブはKEISONと東北は秋田と青森
聴きにきてくれた人達みんなありがとう!

矢島スキー場でKEISON初スノーサーフィン!
さすが横ノリ大好き男!コツをつかむのが早いねー
MOSSのスティックも調子良かったなぁ

人生2回目のスノーボードなのに八甲田の裏山に連れて行かれたKEISON
全然問題なく楽しんでたよ

八甲田の天気は奇跡的に快晴!
最終日はパウダー!
GENTEM STICKのながいやついい感じでした

長門さん、HAGLOFSの皆さん、八甲田ガイドの皆さん、八甲田山荘
突然のライブを受け入れてくれた秋田と青森の皆さん、矢島スキー場
本当にお世話になりました!ありがとう!またよろしくおねがいします!

そういえば秋田で波乗りもしたんだよねー吹雪の中
[PR]
by kazz_official | 2009-01-17 15:10 | 回想記
SONG FOR NATURE
素晴らしい人たち
最高の波
美しい月
心地よい音
神秘的な場 青島神社

また今年も最高に素晴らしい時を共有させてもらいました。
ありがとう! SONG FOR NATURE
来年も行きたいなぁ〜宮崎
地鶏も食いたいなぁ〜
[PR]
by kazz_official | 2007-10-30 21:37 | 回想記
引越し大作戦!
年末に近所の友達の家での晩飯のあと

「引っ越したいなぁ・・・」

       「どーして?」

「売れないミュージシャンには家賃たかくてさぁ・・・」

      「家賃もったいないから家買っちゃえば?」

「売れないミュージシャンには誰も金貸さないでしょ・・・」

      「あっ!そういえばあの”T商店”引っ越すらしいよ」

      「あそこ場所いいよねぇ~家も古くていい感じだし」

「売れないミュージシャンには貸してくれないでしょ・・・」

      「大家さん仲良しだからすぐ電話して聞いてみよう!」
      「あっもしもし?あのT商店のあと決まってるの?」

      「まだ決まってないけど」

      「KAZZが貸して欲しいって言うんだけど?」

      「ええ~っ!ぼろぼろで人なんか住めるかしら?」

      「だいじょーぶ、売れないミュージシャンだから」

      「そうね、じゃぁいいわ」

「おいおい!・・・」

ってな感じで話が決まって、後日その家を見に行った。

「すごいね・・・」

      「築何年くらいだろうね」
      
「玄関半分しか開かないよ・・・」

      「ゆがんでるね」

「この部屋床が坂になってるよ・・・」

      「なんか酔うね」

「この風呂は使えないよな・・・」

      「本当にここ人住んでたのかな?」

「っていうか人住めるかな・・・?」

      「そうだ!Mさんに聞いてみよう!」
      「もしもし?ちょっと見てもらいたい家があるんですけど」

      「近くにいるからこれからいくよ」

Mさんは近所の大工さんで、この人がいなかったらこの引越しはなかった。
本当に感謝しています。これからもよろしくお願いします!

「ここ貸りようと思うんですけど・・・」

      「すごいね」

「どうですか・・・?」

      「住むの?」

「住もうと思ってるんですけど、住めますか・・・?」

      「住む人が、住もうと思えば、住めるんじゃない?」

「えっ・・・?」

      「すこしあまった木材とかあるし手伝うよ」

「ええ~!本当ですか?!よろしくおねがいします!!!」


 というわけで、引越し大作戦がはじまった。

 今考えると、考えが甘かった・・・ことにはまだ気づいていない。
[PR]
by kazz_official | 2007-03-13 11:02 | 回想記
フィルムフェスティバル in カウアイ 4
え〜っと・・・帰ってきてからもう1週間以上経ってるんで・・・記憶が・・・
たしか・・・朝起きて・・・前の日に入ったポイントにもう一回入ってから・・・
ワイメアシアターへ向かった・・・ハズ・・・

「昨日よりたくさんの人がいればいいねぇ」とか話していたのはよく憶えている。

シアターに到着してサウンドチェックしてると、「昨日観たんだけど素晴らしかった!
で、どんな機材を使ってるの?」ってミュージシャンが数人とエンジニアのトーマスがやってきた。
 
俺のライブを観たことがある人はわかってると思うけど、”サンプリング”っていう事をやるんだよね。わかりやすく説明すると・・・

楽器を演奏している間にその演奏をサンプリング(録音)して
それを繰り返し再生(ループ)させながらさらに違う楽器を録音する。
すると、聴いている人には何人かで演奏しているように聞こえるけど
じつはミュージシャンは俺ひとり。

「これだよ」っていつも使ってるループステーションを見せた。
「いいねぇ〜それ!俺も買おうかなぁ〜」とか言いながら携帯で写真撮っていた
エンジニアのトーマスとその友達のミュージシャン。
背は俺と同じくらいだけど横幅は3倍以上はある、小錦体型。
「俺日本に行ってみたいけど、椅子がちっちゃいだろ?日本って?」
 って あなた達がでかいんだって・・・

この日もオープニングでちょこっと1人で演奏して、”MANA”スタート!
実はこの日の演奏、自分の中でちょっと気になったところがあったんだけど
終わってみると、2日ともスタンディングオベーション! 大成功!!

司会進行&オーガナイズのミスター梅津、シアターのマネージャー&皆さん
エンジニアのトーマス・・・  お世話になりました。ありがとう!

「弁当買って、海辺で食って、波乗りいく?」とデンジロウさん。
いいっすねぇ〜!!!
[PR]
by kazz_official | 2006-11-05 21:40 | 回想記
フィルムフェスティバル in カウアイ 3
朝起きて窓を開けると、いい感じの波がわれていた。

朝飯を食い、デンジロウさんのピックアップに乗り込みいざワイメアシアターへ
ちょっと時間があったので波チェック。脇道に入る。

ジェリーロペスが育った家の目の前でまさにパーフェクトウエーブ。
入りたい気持ちをおさえてワイメアシアターに向かった。

こぢんまりしたすごくいい感じの町ワイメア。
この町の映画館、Historic Waimea Theaterは1938年9月2日オープンするが
1972年にいったんクローズ、1996年に町が買い取り、修復して再オープンした。

オープニングではカウアイのメイヤーが挨拶。
綺麗な声の地元のミュージシャンがなぜかアメリカ国歌斉唱。
そういえばここはアメリカだった。
数曲歌って拍手喝采、来週は日本ツアーだって言ってた。

俺もその後2曲ほど演奏した。けっこううけて一安心。
そのままデンジロウさんのフィルム”MANA”スタート。
初めての映画館でのショー、スクリーンがでかい。すごい迫力。
思わず見入っちゃいそうになる。あぶないあぶない、演奏中だった。

40分弱のショーが終わり、少し間を空けて照明がついた。
すると、割れんばかりの拍手、全員が立ち上がりスタンディングオベーション。
しばらく拍手が鳴りやまない。やった〜!!大成功!!

入り口にCDを置かしてもらってたんだけどそこでサイン会になちゃった。
みんな口々に「素晴らしかったよ!」と言ってくれる。ホントよかった!

次の作品があるので、それを見ながらランチタイム。お弁当だ。えっ?弁当?
そう、ここは日系社会が濃いのでマーケットでは普通に弁当や焼きそばなんかがある。

次の作品は日本から来た映画だ。"The Winds of God" KAMIKAZE だったっけな?
これがまた最悪。
ニューヨークの売れないコメディアンのコンビが、バイクで事故った瞬間に前世に戻るんだけど、その前世が第二次世界大戦中の神風特攻隊。
よく金かけてわざわざこんな映画作ったね。戦争忘れるなっていうメッセージは伝わったよ。後味がかなり悪い。案の定お客さんほとんど帰っちゃった。

気を取り直してカウアイ初サーフィン!
まだ怪我しちゃいけないと言うことで底が砂のポイントに行く。
まるで荒海。だれも海に入っていない。
デンジロウさんがさらっと「ほら、あれなら乗れる」っていうけど・・・

気合いを入れていざアウトへ。全然出られない。波のパワーがぜんぜんちがう。
やっとの思いでアウトに出る。なかなか波をつかまえられない。
なんとか数回波に乗ることが出来た。ラッキー!

明日は朝一波乗りしてからシアターに行く予定なので早く寝よう。
[PR]
by kazz_official | 2006-11-02 16:13 | 回想記
フィルムフェスティバル in カウアイ 2
アローハ! 無事にホノルルに到着。やっと巨人達から逃れられた。

ホノルルからカウアイ島のリフェまでは40分弱のフライト。
座席指定はなく乗り合いバスみたい。

すごい良い天気、そんなに暑くもない、いい感じ。
デンジロウさんに電話しようと小銭をチェックすると、クオーター(¢25)が1枚。
電話するには¢50必要なので、荷物係の太めのハワイアンのおばちゃんに
「クオーター1枚しかないんで、両替したいんだけど」と訪ねると
「クオーター1枚?あげるわよ。さっきそこで拾ったのよ!」だって。 マハーロ!!

いい感じのおばちゃんにクオーターをもらい、電話しようとしていると
サーフボードのせたピックアップでデンジロウさんが到着。
すぐ近くの海辺で楽器チェック。OK、全部大丈夫。

美しい海、濃い緑、初めて見る大木、どこにでもいる飛ぶニワトリ
たわわに実ったヤシ、アボカド、パパイヤ、マンゴー、スターフルーツ,ノニ etc・・

今日は丘の上にある教会でフィルムショーだ。
着いてみるとちょっと変わった教会。
バカでかいテントの中にスケートボードのランプがあって、子供達が数人滑ってる。

セッティングをしてからホテルにチェックイン。なかなか良いホテル。
教会に戻るとたくさんの子供達が待っている。すぐにショースタート!

子供達の反応ってすごくおもしろい。何のフィルターも通さずピュアー。
すごい波の映像にワーワーギャーギャー
ジャンベ打ち終わるとイェーイヒューヒュー

ショーがおわると大人も子供も大喝采。みんな大喜び。

その後の牧師?のあんちゃんの話が長すぎ。「何か質問は?」と子供達に聞くと
「いつになったらスケボーやっていいの?」だって。

スケボー教会を後にして、明日から二日間行われるフィルムフェスティバルの会場となるワイメアシアターに、音&映像チェックのため直行。

音OK映像OK。楽器達にはここに泊まってもらおう。

ながーい1日だった。実際時差のおかげで30時間以上あったもんね。
 
つづく

 
[PR]
by kazz_official | 2006-11-01 07:06 | 回想記
フィルムフェスティバル in カウアイ 1
カウアイ島のフィルムフェスティバルに参加してきました。
"MANA"という佐藤デンジロウさんのフィルムのBGMをライブでやる。という形で。

レジェンドサーファー&ヨガマスターのジェリーロペスが、自然の力”MANA"について
過去数十年間デンジロウさんが撮り続けた彼の映像と交えて語る。というフィルム。

使うのはいつもの楽器達、アコギ、ガットギター、ジャンベ、カリンバなど

カートに楽器達をくくりつけてなんとか成田空港へ到着。
フィルムを編集した木村さんと合流してゲートにいくと
巨大な人間がたくさんいる。外人プロレスラーの集団だ。とにかくでかい
絵に描いたような悪役レスラーのセコンドにいる金髪のおねーちゃんもいる。

「隣には座りたくないね」「エコノミーには座れないでしょ」
なんていいながら自分の席を探していた。ラッキーな事に窓際のA.
するとエコノミーにさっきのプロレスラーの集団がいる。

なんか番号が近いな、やだなぁと思いながら番号をチェックすると
うわっ!!俺の隣の席にでかいやつがっ!!前にも後ろにもっ!!

2列の座席の前に二人、隣に一人、後ろに二人。
どうしてこういう席順なのかが信じられない。
木村さんは全然違う後ろの席。

前の二人は俺の隣の一人をからかっている。
後ろの二人はF××kinを連発、ポパイみたいな声ででかい。
隣では自分の試合をモニターでチェックしている。

これからホノルルまで6時間、肩身の狭いフライトだ。
メシのとき、隣のやつが巻きずしをくれた。断らずに食べた。

つづく
[PR]
by kazz_official | 2006-10-31 13:05 | 回想記